• ERIKO

空洞

日々、猫のタローがこの世に居なくなったことを、ことある毎に認識して号泣するという作業を繰り返している


朝、目が覚めたときや就寝前に、そうなることは無くなったのだが 毎日、ふとした瞬間にタロー君を思い、涙に暮れる毎日だ


とても

仕事何処じゃ無い


きっとタロー君は、私がこうなることを分かっていて、そのタイミングを待っていてくれた気がする(と、書きながらも涙が溢れる、笑)


21年間、寝食を共にしてきた人(猫)と別れることが、こんなにも苦しく寂しいことを初めて知るわけである


みんな、どうやってこの種の傷心から立ち直っていくんだろうか


タロー君は、人間の歳にしたらば100歳を過ぎていたわけで、大往生なのだが

どんな理由を付けても、私の心が収まることは無い


声を出して泣く・・・ということが、こんな風にあるものなんだなと、ことさら驚くほどの悲しみなのだ


近所に聞こえてないか、心配だが

多分、タローの具合が悪くなってから、動物病院へ行くときはタクシーを呼び、それが続いていたのに、ある日を境にぱったりと静かになった我が家の様子を見て、分かってくれてるのかもしれない


なにせ、送迎のタクシーの運転手さんの間では、家が猫を飼っていて、いつも窓際に猫達が居て、どうもその猫が具合が悪いことは知られているようだし(笑)行く先が動物病院な事も、運転手さん達は分かっていてくれたようだしね(笑)


それと関連するかどうか分からないのだが・・・

タローの具合が悪くなり、最期のほうで送迎してくれる運転手さんたちが、みなさんペットを飼っている〜という偶然が重なっていた


ペット用のケージにいれて、車に乗るので、その中に犬か猫が入っていることは、動物を飼ったことある人ならば分かる


そして、いつも運転手さんの方から声をかけてくれた

「どこか具合が悪いんですか?」 「猫チャンですか?」

というように、本当に最期の何回かの往復では、殆どの運転手さんとペット談義になった


この世に、どれだけ動物を飼っている人が多くて、しかもそれらの人達は、心優しくこんな状態の私を慰め、優しくしてくれた


それは、その時の私にとってのささやかな時間の中での慰めとなっていた


それほどに、ペットという存在は、私達にとってかけがえのない物である事を改めて知る


だから


だから、まだまだ仕方ない


私の体中の力が抜けてしまい、何もすることが出来ず、ただただ涙に暮れる日が過ぎていても、それは普通の感情なんだと思う


昼間は、一番下のメル君(19歳、雄)が、寝ている間に急に鳴きだした

そう、夢を見ていたんだなと思った


そして、メル君に「タロー兄ちゃんの夢見たんでしょ?」と聞いてみた

タロー君が会いに来た?と聞いてみる


メル君も、ハナちゃん(20歳、雌)、もうタロー君はこの家には帰ってこないことに、ようやく気づき始めたようで、時々、家の中を見回してタロー君を探している


ハナちゃんは、思いの外(笑)、私がタロー君ばかりを可愛がっていたので、やっと自分が甘えられる番が来た〜とばかりに、やたら甘えたがる

特に、タロー君の最期の頃は、つききりだったので、ハナちゃんは寂しい思いをしていたんだな〜と思う


猫は、とても焼き餅焼きなので(笑)、ハナちゃんに関してはタロー君が居なくなって、やっとエリツィンを独り占めできてる感が強い(笑)

その辺は、流石動物だな〜とは思う


メル君は、タロー兄ちゃんと仲が良かったので、今はもうグルーミングしあう相手も居なくて、寂しそうだ

なので、夢をみて鳴いていてメル君に「メルちゃん、タロー兄ちゃんが付けてた首輪をもらおうか」と、タロー君の形見でもある首輪を、メルちゃんに付けてあげた


これからは、メル君がお兄ちゃんだからね〜エリツィンを守ってね〜ってタロー君が言ってた?と、メル君に話してみた


多分、人間にはわからない猫同士のテレパシーで、既に会話をしていることだろうと、私は思っている


私は


こんなダラダラと過ごしていてはいけないのだが


あまり自分を追い詰めることもやめている

自然なままに


泣きたければ気が済むまで泣けば良いしね(笑)


というか、今、何かを我慢してたり努力するような気力が残ってないわけです


それくらいに、私のダメージは大きいわけですね


仕事も当面無いし(無いようにセットしたのですが)

心がもう少し元気になるまで

このままタロー君を思いながら、しばらく過ごすことになりそうです


きっと、立ち直れるきっかけはいつか来る


そんな風に思っています














お世話になった動物病院から、タロー君にお花を頂きました

素晴らしい先生に担当して貰いまして、優しいスタッフさんに囲まれて

本当に感謝してます