• ERIKO

成長

私には子供がいないので、自分の子供に教えてあげる事は出来なかったけれど

もし、自分に親と言う役目が与えられてたとしたならば


沢山人に揉まれて、たくさん苦しんで、心の痛みのわかる人間になりなさい〜と教育してただろうな


昔、偏差値の高い系の知り合いに「無駄な苦労はしない方が良いでしょう?」と言われたことがある


無駄な苦労?

苦労に無駄も有効もないでしょ(笑)


と、その時も思ったけど、言い返しはしなかった。そんなこと言う人間には、何を話しても通じないだろうなと思ったからね


もう一つ質問されたな

大切な事は「人間としての質が高いかどうか」でしょ〜って私が何かの話をしてたら、「人間としての質って何?」と聞かれた(笑)


あ〜こういう学校の成績がたまたま良かっただけのインテリ?達が、世の中の中心を担ってるんだと思ったら、この世は終わってるな〜と思ったもんだ(笑)


友達がいない、何でも話せる友達が居ない、必要ないという人がいる


本音を話せる人も、愚痴を言える人もいないらしい


という事は、誰もその人に助言をしたり、注意したり、サジェッションする友達がいない人生を歩いて来たわけね


そういう人は、やはり人間としての成長が著しく低い


誰とも深い関係を持ってないという事は、上辺だけの付き合いの知り合いしかいない


そして、もっと言えば

本当のことを注意してくれる関係は

男女の付き合いしかないと思っている 


その関係にならないと、人間の正体なんて分からないからだ。自分の好きな人に、ダメ出しを出される。好きだから努力して良い人間になろうとする。そこにしか、本来の成長はない気がするのね


そこまで、はっきり言ってくれる関係が少ない人は、誰からも「あなたのその考え方は変でしょ?」とかさ、「あなたのそこが許せない」とかね、好きな人に言われたら、直すでしょ、若い頃はね。


そうやって、ざっくばらんな本音でのやりとりをして、人間としての基本的なコミュニケイションの中、自分を省みて成長するという過程が、1番の人間としての成長の薬だと思うのね。


だから、モテない人や(笑)、女の子を口説く努力をしなかった人、そこを放棄して生きて来たような人は、稚拙な大人が多い

気がする


そりゃ、誰とも付き合わなければ、自分がどんな人間なのかって事に気づかないんだろうしね。自己完結で生きて来ちゃうとね

傷つく事も無いかもしれないけど(無駄な苦労?笑)喜びや幸せ感や、感動する心も少ないまま来たんだろうなと思う


特に成績優秀だったような人は、自分は何でもできて、最高の人間だとでも思っているんだろうからね(笑)


本来の意味での人間としての1番大切な部分が欠落してるわけね


「人間としての1番大切な部分て何?」って言い返されそうだしね(笑)


そのような人達は、人との関わりを避けて自分だけの世界で生きてるので、ちょっと世の中に出て、複数で会話をしてると、少しずつ変だ


話の流れに入って来ようともしないし、だいたい人の話しに加われないのね


人と付き合ったことがないイコール、やはりひとつのコミニュケーション障害だと思う


なんか、国会のやり取りとか見てても、そういう人多いよね(笑)


人の気持ちがわからない、周りの空気を読めない、自分に自信がありすぎて片寄った考え方しかできない等々

大人になってからの社会の中では、なかなか立場を与えられた人でないと、成長って部分では、稚拙な大人のまま終わるんだろうな


苦しいことや、降りかかって来そうな難問を、避ける事は簡単かもしれない

けれど、それは人としての成熟を止める事になる〜という事が、分かってないんだな


でも、人間としてのごく当たり前の成熟というのは、それほど難しいことじゃない


逃げなきゃ良いだけ


正面からぶち当たる覚悟の人生を歩いていれば、何も問題なくちゃんとした大人になれる


臆病者やプライドの高すぎる人は、それらの事を避ける事が利口なのだと勘違いしてるので、結果的に人間としての成熟度が低い


この歳になるとよく見えるんだけど、中身のない年寄りほど悲しいものはないよ


一体どんな人生送ってきたの?って言いたくなるほどに、偏ってる

そういう意味では、まともな年寄りになれるって事は、わりと難しいかもしれない


だって、後戻りできないからさ(笑)

過ぎた日は、どうやっても取り戻せない


人の生き様って、そういう事だと思うんだよね


開けてみたら中身が空っぽな、つまんない年寄りには、なりたくないもんですな


写真は


先日、久しぶりに食べた鰻

美味しゅうございました


P.S

そういう輩の自慢はさ

人よりも自分の方が頭が良い

偏差値が高い

人よりも自分の方が計算が出来て

要領が良い

だから、自分は最高である〜という間抜けな論理を、いつか論破してやりたいと思ってる(笑)