• ERIKO

こころ



家にこもってる毎日なので、久しぶりに訪れる都会は良い〜(笑)


コロナは目には見えない危険なので、本当にそうなの?と信じられない時もあるけれど、街は活気は無くひと気も少ないので、あ〜やはり皆な自粛してるんだなとは思う。

あの賑わっていた今年の初めの歌舞伎町は、何処へいぅてしまったんだろう〜という印象です


前回のライブは、延期になったので爪のお手入れは何もせずに日が経っていた


やはり、どんな時も綺麗にしていたいから、担当のスーちゃんに施術をしてもらい、綺麗に生まれ変わる{私じゃ無いけど、笑)指先、足先をみると気持ちは盛り返してくる

人間なんて、単純かもしれない。けれど、その単純なことがコントロール出来なくなるわけですね


スーちゃんに話を聞いて貰い、話を聞かせて貰うと、とっても人間的な気持ちが戻ってくる

語りかければ、答えてくれ、言葉のコミュニケイションが出来る事を、こんなにありがたいと思うなんてね(笑)そうです、今の私の周りは、まともな会話も出来ない人だらけなのでね(わかる人には分かる、爆)


私の娘くらい(笑)の年頃のスーちゃんの方が、全然大人で(^^;)、彼女と話をするたびに、自分を振り返ることが出来る


ちょっとしたサジェッション、言葉を貰うと、自分の方向性が見えてくるのです


何も反応が無いまま、どうすることも出来ないいつもの感じから抜け出せる

人との繋がりって、こういうはずだよね〜と自分の普段の劣悪な環境を思い知らされるわけです


何かを解決して欲しくて、話すわけじゃ無い

解決は出来ないから

けれど、話を聞いてくれて、何かを答えてくれることが、私の心を動かすわけです


決して多くを語る彼女では無いですが、中身のある一つ一つの言葉に納得しながら、自分の今の本当の気持ちを知ることが出来るのです


そして、世代も状況も違うけれど、若い彼女とベテランの(笑}私の求めてることは、同じなのです 最終目的は明らかで、そこなのに、なかなか掴めない

この先のこと、未来のことを考えながら女子話は続くわけですね


人の事は良くわかるのに、自分の事は自分では良くわかってないのですね


まずは、自分の本当の気持ちを素直に認めて、外からのいろいろな刺激は、ある意味関係なく生きていけば良いのかもしれません


そこに、強い自分の意思があるのならば、貫けば良いと思う

けれど挫けそうになり、心細くもなりetc.沢山の事に、流され傷つき、心は揺れます


どしっと構えて行こうじゃ無いか〜ですかね{笑)

そうしてれば、必ず次の何かが訪れるはず

今は、我慢の時なのかもしれません


というわけで、話を聞いてもらえるとこんなにも気持ちは軽くなり、リフレッシュ出来る

ありがたい時間でありました


写真は


帰りに頂いた、老舗洋食店のカレーとロールキャベツ



















コロナって


本当に、インフルエンザより相当すごいのかな?って話にもなりました

なんか、こんな風に急に放り出すような自粛させてるような、させてないような?って、どうなんだろう〜って感じですよね