• ERIKO

仕事始め

こんなに仕事の間隔が開いてしまうのは、???人生史上、今までにはないと思うのですが(≧∀≦)、来週のために仕事を始めてますが、全然ダメです。お正月明けなんてもんじゃないくらいに、ボケボケです

ま、外出してないってのが、普通の休暇とも違いましたしね


そして、回らぬ頭を、無理やり回しながら

あ〜こうやって老人になっていくんだなってくらい、全てが機能してない感じで、大変です


目はショボショボ、肩はゴリゴリ、脳はボッーーーーっとしてるので、机に向かっていても、全く先に進んで行かない(笑)


ダメですね、仕事止めた途端に老人の仲間入りになってしまいますね


こんな風に日常に戻れば、余裕もなくなり、ゆっくり見ていたアメリカのニュースも見てないし、何がどうなったのかも分かりません


SNSでは、日本人も人ごとだと思わないでください〜って知り合いのNYC在住のミュージシャンがうったえてるけど、でも、私達はどうすれば良いのかも分からない

日本人は人ごとだから、平和を祈ってますなんて言われても、そんなんじゃない〜とかいわれてもね…


そもそもdiscriminationじゃないし、初めから。その感覚すら私には分からないのね。特にジャズが好きでここまで来てる人間なので、より以上、差別というのを勿論したこともないしね

政治が間違ってることも分かるけれどね


言葉や行動に移さなくても、十分にことの重大さもわかってるつもりな場合は多いしね。特に日本人は、表現があまり上手くないから、無関心のように見えるかもしれないけれど、心の中では世界の事もいつも気にしてるしね


と言いながらも


こんな風に

自分は目先の日常に戻っていきます


けれど

それで良いのかもしれません

自分に与えられた事をちゃんとやる

まずはそこからだと思いますし、勿論ちゃんとアメリカのことも気にしてるしね



体調もイマイチなので

休憩しながら仕事をしてると

急にある事を思い出した


ある女優さんの事をね


で、ネットで検索してみると、今年で84歳になられるらしい


そして、そこから辿って読み進めてると、あるスキャンダルに行き着いた

私からみると、とても素敵な話なんだけど当時は、そういう言い方をされてたらしい


その女優さんと藤間紫さんとの関係などを読んでいた


段々思い出してきて、そう言えばそんなことがあったなという出来事


ま、なかなか難しい男女の問題なんだけれど、当時は割とこの様な恋愛話しが多かったように思う


他の某女優さんも、舞台公演の途中で、男性と逃避行して舞台に穴を開けた話もあったりした


今の人達には、これらの時代のような情熱というのは無いと思うし、世の中の流れからして、これらのスキャンダラスは起きないんだろうな〜なんて思いながら読んでいたんだけれど、ま、大恋愛の末〜なんですけどね。私は、素敵だなと思いました


今の時代に、そんな萌えるような恋愛なんてあり得ない気がするからですかね


あの時代は、激しかったな〜なんてね


けれど、ま、表現者の方々なのでね、歌舞伎役者さんも、お芝居の方々もね


激しい情熱と、同じ目標と志がシンクロしてしまった時に、それはすごい運命としてそんな風に進んで行くしかなかったとしたらなば、私から見るとそれは本当に羨ましい話しだと思いましたよ


成就したわけなんでね

もちろん、沢山の人が傷ついたと思うけれどね

けれど、仕方のない事もある

出逢ってしまったらば、仕方のない事もあるしね…


瀬戸内寂聴(瀬戸内晴美)さんも、藤間紫さんも〜私は好きです


私もそんな風に、生きて見たかったな…なんてね(^_-)


写真は



ある日の猫のハナちゃんです


右のランプは、父親の物でした

今は、壊れてしまってるので直してまた使いたいです


そう、お墓参りにも行かないとね…