• ERIKO

1日の終わり

この時間になると、やっと一段落になる

家の用事を済ませ、母親の食事と猫の食事(これは、食べさせなければならない介護)をさせて、日常をこなすだけでへとへとである


よく考えると、残りの猫2匹(ハナちゃん19歳と、メル君18歳)も、人間の歳にしたら90歳を過ぎている。老母と老猫3匹で、我が家は介護士一人に対して4人(一人+3匹、笑)なので、凄い負担だ(^_^;)と言うことに、気がついた(爆)


事務的な気持ちならば、まだ良い。

私は身内なのでね(汗)

なかなかです、笑


心は既に折れてるし、かといってどうなるもんでも無い状況なので、頑張るしか無いのですが


猫のタロー君は、ご飯を食べてくれない

今日は、特に調子が悪いようで、シリンジで直接口の中に入れるんだが、喉につまったらどうしようとか〜怖くてなかなか上手くいかない。これって・・・よく考えると、赤ちゃんに離乳食あげるときと似てるんだろうなってね(^_^;)

初めてのことは、わかんないですよね〜

どのくらいの量を、どのくらいのタイミングで、口の中に押し込むのかなんでね


この歳になって、なんちゃって育児みたいな状況です(笑)お母さんて大変なんだな〜なんてね

命を預かってるんですものね。食べさせないと、ならない


明日は、そんなご機嫌の悪かったタロー君が少しでもご飯食べてくれることを祈るのみですけどね


タロー君を動物病院から貰ってきた20年前からのことを、思い出していた

と言うことは、自分の20年前を振り返ることにもなる


20年て、長いようで短いような

でも、すごく昔のことなんですよね

その頃の自分の仕事のことや、人間関係とか思い出してると

大きく変わってるからね、いろんな事が、今とは


変わってないのは、猫達とのこの20年間の生活だけだったかもしれない


30年前までのことも思い出してみる

1990年とかですよね〜


はて?(笑)ま、作編曲家と名乗れるようになって、まだ3年目か・・・


そう考えると、まだ30数年なんだよね

音楽人生は、もっと長いわけだけど


大きな単位での出来事は、思い出せる

17歳で演奏家でスタートして、2○歳でスタジオアレンジャーになり(歳を書くとばれちゃうから、汗)そこから、ブロック毎に10年目、20年目、30年目か〜

演奏の仕事再開してから、14年目ね

バンド初めて、5年目ね(笑)


色んな事あったな(笑)


目指していたことは、ほぼ叶ったんだから、もう何時、辞めても良いのにね

目標は達成できてる

予想以上の出来でね^_−☆


辞めて普通の人になったら、楽になるだろうな

何度も何度も、同じ気持ちになったことがある


音楽との距離は、年齢と共に変わってきて良いと思うしね


愉しみながらやりたい、残りはね

嫌なことも、嫌な人とももう良いし(笑)


残りの人生は、心地よく生きたい


それだけです



写真は、本日のうちごはん


久しぶりに、カレーを圧力鍋で作りました


料理は楽しいし好きだけど〜〜やるからには専門になりたいと思ってしまうという習性(笑)


音楽辞めて、普通の人として生きれるのならば、家事も料理も楽しく出来るだろうね



















P.S.

余りにもなので、先ほど少し練習始めたけど、筋肉休まってるから全然問題無かったので、止めた(笑)


今更、超馬鹿テクミュージシャンになれるわけも無い

自分らしさは、自分だけの永遠の魅力だと思わないとね


大切なのは、気分だから

雰囲気だからさ


日本人には、この意味は分からないと思うけどね


さて、少し呑みますかね(^_^;)

ストイック過ぎるのは

余り良くないしね


先行きは、もう見えてるわけだからさ

好きなように、生きようぜ



P.S.2


人との関わり方が、分からない

今更ですが、人間が苦手です(笑)


一人の方が、まだマシだと思ってしまう事の連続な人生だ


どれだけ相手の事を思って関わっても、結局理解してくれる人は居ない

私のきめ細かさと、優しさと誠意を

理解してくれる人なんかは居ないのだから

まずは努力の仕方と執着の度合いが普通と違うわけだからさ

それプラス、この腰の低い対応は公務員以上なんでね(笑)


ここまで極めてるんだから

ついて来れる人はいないわけです


だから

理解し合えるわけもない

これまた

劣悪な人ほどSNSで配信とか言って調子に乗ってるのがこれまた許せない(笑)


私を理解しててくれたのは

タロー君だけだからさ